滋味ある素朴なお菓子焼いてます。3時のおやつに、珈琲やお茶のお供に、ちょっとひと息コメルシーのおかし

戦後75年

戦後75年

子どものころから世界情勢や戦争、弾圧なんかに割と興味があり、いろんな書籍を読んできた。

インターネットのおかげでさらにいろいろな情報が得られるようになった。

第二次世界大戦でいえばナチスドイツ、南方作戦、満洲引揚、中国残留孤児、シベリア抑留…とどれも悲惨。

その他にも世界各地の紛争を調べたりもした。

コンゴ・南スーダン・サラエボ・カンボジア・イスラエル…挙げ連ねたらキリが無いんだけれども、やっぱりどれも凄惨を極める。

戦争は人間の身体・精神を蝕むし、いいことはまるでないんだけど、有史以来なくならない。

戦後といいながら、世界で戦争がなかった時はなく、どこかでずっと戦争は継続しているし、日本も平和に見えて絶えず脅威に晒されているという現実。

ひとたび争いが起これば、好きな音楽が聴けて面白いドラマやまんがを楽しめて美味しいものを食べて家族と過ごす、そんな当たり前の生活が何年も奪われる怖さ。

こんなことばっかり考えていると憂鬱になるけど、考えないでいいことでもないはず。

そんなことを想う、75年の夏です。

« »

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)